子育て

「アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ」が室内遊具の中でもオススメな理由!

子どもが生まれると、ついつい色々な知育玩具を見てしまいませんか?

1歳になって子どもが歩けるようになると、お散歩や公園に連れて行くのが日課になりますよね。

でも、お天気が悪かったり、ママの体調があまり良くない日などは室内で過ごすこともあると思います。

室内遊びだと、なかなか体力を消耗出来なかったりしますよね。

そうすると、子どもがあまりお腹が減らずごはんを食べてくれなかったり、お昼寝の時間が短くなったりします。

ごはんをあまり食べてくれないと心配だし、お昼寝をあまりしてくれないと、その時間にやろうとしていた家事が進まなかったり、ちょっと困りますよね。

そんな時に活躍するのが室内遊具です。

滑り台やブランコ、ジャングルジムなど数ある中で選んだのは「アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ」。

今日は、なぜこの「アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ」を選んだのか、そして、実際購入してどうなのかをお伝えしていきます。

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプに興味がある方、ぜひご一読いただければと思います!

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプってどんなおもちゃ?

 

 

 

 

 

 

 

 

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ 商品概要
対象年齢 3才以上
制限体重 70kg(1人用)
サイズ φ900xH200 mm
メーカー希望小売価格 9,500円(税別)

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプは、要はトランポリンです。

アンパンマンのイラストがジャンプする面に印刷してあります。

子どもは必ずアンパンマンを通過する、なんて言われているので、このイラストを見ただけでもまずは喜んでくれますよ(^ ^)

飛ぶ面(ネット)は「転写プリント」という、耐久が強くはがれにくい印刷のため、靴下などに色移りする心配もありません


ネットを固定するフックは、写真のように先端が丸くなっているので安全に配慮された設計となっています。

フック(ネットを引っ掛けている部分)の上にはオレンジ色のカバーがかかっているため、オレンジ色のカバーを引っ張って剥がさない限りフックが出てくる事もありません。

 

 

 

ネットの周りのカバーには「発泡ポリエチレン」(写真のフック下の白い部分です)という密度の高い素材が使われているため、丈夫だし、万が一足のスネなどが当たっても痛くないようになっています。

 

 

組み立ては工具不要で、箱から本体を出したら脚パイプを回して取り付けるだけ

とっても簡単です。

脚パイプにはラバータイプのカバーがついているため、滑りにくい設計になっています。

安全に配慮された設計なので、小さい子どもと使うには安心ですね。

 

 

 

 

ちなみに、アンパンマンぴょんぴょんジャンプの下に我が家はジョイントマット(写真に写っているベージュ色の、パズルのようなマットです。)を敷いているため、滑り止めの専用マットなどは特に引いていません。

フローリングの場合は防音にもなりますし、ジョイントマットを敷いておくと、子どもが転んでも痛さが軽減されるのでジョイントマットもオススメです。

トランポリンが子どもにとって良い理由

なぜ子どもにとってトランポリンが良いのかを説明していきます!

楽しく運動できる

子どもは飛んだりはねたりが大好き。だから、トランポリンだと「運動」するといった概念ではなく、楽しく体力消耗することができます

口コミなどで「ソファーでジャンプすることがなくなった」というものもあったので、親にとっても家具を傷めることなく子どもが楽しんでくれるのは良いことですよね!

足や筋肉の体幹トレーニングになる

一見、ただジャンプしているだけのように見えるトランポリンですが、地面でジャンプするより足元が不安定なので、バランスを取ったり、身体の使い方を覚えることにもつながるそうです。

脚の筋肉を鍛えるだけでなく、意外と全身運動なので、5分飛んだだけでも汗が噴き出し、息が切れるほどです。

運動した〜、という充実感を得られます。

姿勢が良くなる

体幹が弱いと身体の軸がブレるので、身体にゆがみが生じたり姿勢が悪くなることに繋がりますが、トランポリンは体幹が鍛えられるため、姿勢が良くなることに繋がります

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ 買ってみて良かったと思っている点

対象年齢3才以上となっているのに無謀にも1歳で購入したわたし・・・

でも、買ってとっても満足しています。

その理由を実際に使ったレビューとしてお伝えしていきますね。

けっこう堅めのバネだけど、しっかり飛ぶことができる

あまり高く飛び跳ねるタイプだと、膝の使い方がしっかりしていないと外に投げ出されたり転んでしまう可能性があります。

また、大きく飛べるようになったら天井に頭をぶつける可能性があります。

アンパンマンぴょんぴょんジャンプは、割と固めのバネでそんなに高くジャンプできないので室内で遊ぶおもちゃとしては適度なレベルだと感じました。

大人が楽しめちゃう

子どものために購入したのに、実際はまだ「遊べる物」ということが子どもに伝わらないため、大人が遊んでいます(笑)

1歳半になったら、子どももついにトランポリンの上でジャンプをし始めました!まだ、全然トランポリンのバネを揺らすほどではありませんが(笑)

制限体重が70kgまでなので、大人も十分遊ぶことが可能です。

5分飛ぶと、体内が燃えるのかけっこう汗が出て楽しくて、リフレッシュした気分になりますよ!

上手ではないけれど遊んでくれている

息子は1歳のお誕生日から歩き始めたのですが、「アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ」を購入した頃はまだジャンプはおろか、歩くこともまだ不慣れな状態でした。

フチにちょこんと座って「イス」として使っているところを見ると、なんとも言えず可愛いです!

親がジャンプしている姿を見て、徐々にジャンプするものなんだとわかってきた息子は、上で飛び跳ねるようになってきました!

実際に上手にジャンプできるようになるのは、対象年齢の3歳からになるかもしれませんが、「おかあさんといっしょ」の歌のコーナーで興奮すると、楽しそうにトランポリンの上で跳ねながら踊っています(^^)

そして、適度な堅さなのであまり高くはジャンプできないため、危険だと感じるような遊び方をすることはまだありません。

抵抗なく1人で遊んでいます!

 

 

 

 

 

 

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ 買ってみてイマイチなところは?

今のところ、イマイチと感じている点は特にありません

子どもが遊ばない時は親が使うこともできるし、子どもがイス代わりにして座っていることもあります。座っている姿は本当に可愛いです!

唯一挙げるとすれば、大きさはさほど大きくありませんが、飛ぶ面が90センチの円なので、それなりに場所は取ります。

脚を取ってしまえば薄っぺらくはなりますが、わたしはマメではないためいちいち遊び終わるたびに脚を取って片付けたりはしません。基本置きっぱなしです。

脚を取るとこんな感じ

我が家は賃貸のアパートでそんなに広いLDKではありませんが、アンパンマンぴょんぴょんジャンプを置いているから狭い・・・と感じたことは今のところありません。

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ まとめ

アンパンマンぴょんぴょんジャンプは、こんな人にオススメ!

公園やお散歩に連れて行けない日もあって室内遊具を検討している方

子どもが遊ばない場合は大人も一緒に使えるものがいいなと思っている方

ありふれた室内遊具ではなく、ちょっとひとひねりした物を望んでいる方

90センチ大の物を床に置いても邪魔ではない方(もしくはこまめに脚を外すよ、立てかける壁があるよという方)

おうちの中でも楽しく運動したい。

そんな時にこの「アンパンマンぴょんぴょんジャンプ」が一台あれば、お子さんと楽しく室内で過ごすことができるかもしれませんよ(^^)

そしてなにより、子どもの鉄板「アンパンマン」のおもちゃです。

1歳半の息子は最近アンパンマンが認識できるようになり、指さししては喜んでいます!

この記事が、室内遊具を検討されている方、アンパンマンぴょんぴょんジャンプの購入を検討している方の参考になれば幸いです(^^)

ゆうきママ(@aimamtoyuuki)がお伝えしました!

こちらもオススメ

ABOUT ME
アバター
ゆうきママ
1983年生まれ。東京生まれ、東京育ち。 35歳の今思うのは、高校時代、もっと勉強をしておけば良かった。 大学時代、もっと見聞を広めるために色々なことに挑戦しておけば良かった。 社会人になってからは、やりたいことを限界までやっては寝込むほど体調を崩しを繰り返していたので(笑)さほど後悔はありませんが、結婚、出産、育児を経てまだまだやれることが沢山ある!と、今更ながらに気づき、育休中の現在、ブログをはじめました☆ 百貨店が好き。(ふだんは高くて買えないけど・・・) 旅行が好き。特にハワイや沖縄など、南の島が大好き。 元SMAPが好き。特に草彅剛さんが好き。 Disneyが好き。昔は年パスを買い通っていました。 ビールが好き。お酒を呑んだときのふわ〜っとした感じが好き。 犬が好き。実家で買っているミニチュア・ダックスフンドが特に好き。 大学から始めたジャズダンスのおかげで踊るのが好き。 こんなわたしが百貨店で10年以上勤務した経験から、良かった物、事、悪かった物、事を書いていく雑記ブログです。 ぜひ、お付き合いください!
こちらの記事も読まれています