育児関連

赤ちゃんの沐浴に!リッチェルふかふかベビーバス 人気の理由と実際に使ったレビュー!

こんにちは、ゆうきママ(@aimamtoyuuki)です!

赤ちゃんが産まれたら、最初の1ヶ月(主に生後1ヶ月検診が終わるまで)は大人とは別にお風呂に入ります。

これは、産まれて間もない赤ちゃんはまだ雑菌などに対する抵抗力が弱いためです。

そこで必要なのがベビーバス!

でも、ベビーバスにも色々な種類があります。

たった1ヶ月しか使わないものですが、大事なアイテムなので、ぜひこちらのレビューを参考にベビーバス選びをしていただけたらと思います!

たった1ヶ月!だけど失敗しないベビーバスの選び方

ベビーバスと一言で言っても、デザイン、形、機能など種類がたくさんあります。

長くても2ヶ月しか使わない物なので、「どこで」「どのように使って」「保管はどうするのか」を考えた上で購入するといいですよ!

「どこで」使うのか

  • お風呂場
  • 洗面所
  • 台所

 

が主な沐浴をさせられる場所になると思いますが、周辺に赤ちゃんのお世話をできる場所を用意できるかがキーポイントになってくると思います。

赤ちゃんのお世話をできる場所とは、沐浴が終わった赤ちゃんを安定して寝転がらせることが出来る場所のことを指し、なおかつバスタオル、赤ちゃんのおむつ、肌着、沐浴の際に使用するせっけんやガーゼなどを置けるスペースが確保できる場所のことを指しています。

また、春夏産まれの場合はそれほど気温を気にすることはないですが、秋冬産まれの赤ちゃんは裸にしても寒くならない場所を選ぶ必要があります。

お母さんのお腹から出て来たばかりでまだ色んな事に敏感な赤ちゃんなので、しっかりとケアしてあげたいですよね。

「どのように使う」のか?

  • 沐浴する時は、両親のどちらかが「ひとり」で入れるのか
  • 「誰かと協力しながら」入れるのか

 

によっても選ぶタイプが変わってくると思います。

1人で入れる場合は、準備も考えて、小ぶりの軽いタイプの方が便利でしょう。

また、フラットなものより、赤ちゃんがベビーバスの中でずり落ちないようにするためのストッパーがついていると安心です。水抜き栓がついているものだと後片付けも楽です。

誰かと協力して入れるという場合は、あまり小さすぎるとお互いの身体や手がぶつかってしまうので、少し余裕のある大きさを選んだ方がいいかもしれません。

保管はどうする?

赤ちゃんが産まれると、次から次へと赤ちゃん用品が増えていきます。

そのため、借りられる物は借りた方が良いとわたしは思いますし、いらない物はフリマアプリなどで欲しい人に譲るのが一番いいと思っています。

よほど収納場所に余裕があるようでしたら自分のこだわりのものを選べばいいと思いますが、(笑)家の中の収納場所は限られているため、なるべく場所を取らずに収納出来たら良いですよね。

また、ベビーバスは毎日使う物なので、使ったらコンパクトに片付ける、というよりは、1ヶ月はそのままの形で置いておくと思った方が良いと思います。

また、毎日使うため、取り出しやすい場所に置く必要があります。

これらのことを念頭に置き、保管場所を考えると良いと思います。

ベビーバスの種類4つ紹介!

床置きタイプ

  • [本体サイズ]幅29×奥行80×高さ50.3cmとゆったりサイズのベビーバス。お風呂場などの床に置いて使うタイプです。
  • 1.58 Kg
  • 石けん、小物が置けるトレーがついています。
  • 滑り止め付きのため、濡れた場所でも安心して使用できます。

 

シンクタイプ

  • [本体サイズ] 幅63.4×奥行40.7×高さ23.6cm
  • 1.22 Kg
  • お風呂でもキッチンのシンクでも使える、赤ちゃんの沐浴用バスタブです。
  • 赤ちゃんの頭にやさしいやわらかクッション。

 

マットタイプ

  • 53cmx70cm、厚さ約1㎝
  • 222 g
  • 洗面台にマットを敷いてベビーバスとするタイプ。
  • 透水性スポンジを採用し、水切れバツグン!
  • 表面がメッシュなので肌触りもさらっとしています。
  • お風呂のベビーマット、おでかけのマットにも使用可能。
  • 透水性スポンジ使用なので、脱水機にかければスピード乾燥。いつも清潔使用いただけます。

 

エアータイプ

  • [本体サイズ]68×47×高さ29cm
  • 680 g
  • 空気で膨らませるタイプなので軽くてやわらかい
  • 空気を抜けば小さくたためるため、持ち運びも収納も便利
  • ふかふかしているので赤ちゃんにやさしいあたり

リッチェルのふかふかベビーバスが人気の理由は?

数あるベビーバスの中でも、リッチェルのふかふかベビーバスが大人気!

Amazonでもベストセラー1位に君臨している商品です!

赤ちゃんにもママの腕にもやさしいやわらかクッションタイプ

沐浴は、洗うパパママの負担もけっこう大きいです。

片手で赤ちゃんの身体を支えながらもう一方の手で赤ちゃんの身体を洗うので、堅いベビーバスでは支える腕の当たっている部分が痛くなってしまいます。

リッチェルのふかふかベビーバスはエアータイプなので、腕に当たっても痛くなりません。

そして、エアータイプだけど縦と横に空気を入れる構造で丈夫な作りのため、大人の腕も支えられます。

ストッパーがあるからバスネット(赤ちゃんのずり落ちをサポートするネット)不要

ちょうど赤ちゃんおしりに当たる部分にストッパーがあるため、赤ちゃんを沐浴させることに慣れていない新米ママ&パパには安心感を与えてくれると思います。

わたしはこのストッパーに何度も助けられ感謝しました。(笑)

赤ちゃんの背中にぴったりフィットするから沐浴に慣れていないママ&パパでも楽ちん

ふかふかの背もたれの傾斜は、赤ちゃんを入れるのにベストな角度で、息子はいつも気持ちよさそうに寝てしまっていましたよ!

空気を抜けば小さくたためるので収納も持ち運びも困らない

これだけの機能を備えておきながら、空気を抜けばぺちゃんこに出来て、収納場所に困りません。

我が家も、第二子の可能性をまだ捨てきれないために、使わなくなった赤ちゃん用品入れに畳んでしまってあります!

リッチェルのふかふかベビーバスの口コミを見てみた

軽いのももちろんですが、キッチンのシンクで使えるというのが凄く楽
かがんで 絶対落とせない と力みながら作業すると想像以上に腰に負担が…
首がすわるまでだし… と思ってケチるのは損かと
何しろ毎日の作業ですし、下手すれば爆発的に便出た時なんかは日に2回
立ってやれるのと 冬場温度の不安定な浴室ではなく居室でやれるメリットは大きいかと

引用元:amazonカスタマーレビュー


使い始めて4ヶ月強になりますが、空気入れっぱなしでお風呂場に置いてありますが
空気の入れ直しは一回も無く、きちんと洗っているのでカビとかも全然大丈夫です。
どうしてもソープを使うので滑り易くなります。
また、淵に手を掛けて赤ちゃんを支えても腕が全然痛く無いのがイイです。
大きくなってくると、お風呂でよく動くのですが柔らかく浅いので比較的安全だと思います。

引用元:amazonカスタマーレビュー

いくつかベビーバスは試しましたが、こちらの商品は使いやすかったです。
軽いので使用後に干したりするのも楽ちんでした。
今はある程度子供も大きくなり使うことは無くなりましたが、次にもし子供が生まれたらまた使おうと思います。
空気を抜けば収納にも困りません。

引用元:楽天市場 みんなのレビュー・口コミ

我が子は大きめの為ストッパーは邪魔でした(^^;ですがそこだけ空気を抜いて使用しています。使用しなくなれば空気を抜いて収納出来ますしとても便利だと思います。概ね満足です。

引用元:楽天市場 みんなのレビュー・口コミ

Amazon では199件のレビュー(2019年5月13日時点)で評価が5つ星中4.0、楽天では1001件のレビュー(2019年5月13日時点)で評価が5つ星中4.39と、いずれも高評価です。

ふかふかベビーバス使用時に注意すること!

これだけ評価が高いアイテムですが、使用時に注意するべきこともありますのでお伝えしておきます!

穴が空くことがある

どうしても製品の特性上、尖った物に当たってしまったり、空気の入れ過ぎなどが原因で、穴が空いてしまうことがあるようです。

中には初期不良で接合部分がきちんと接着していなかったなんてものもあるそうですので、購入したらまずは空気の漏れなどがないか膨らまして確認した方が良さそうです。

ちなみにわたしはまったく不良なく使うことができました。

溝に汚れが溜まりやすい

こちらも構造上溝空気の溝がたくさんあって汚れや石けんかすが溜まりやすいです。

そのため、そのまま放置しておくとカビや雑菌の繁殖が起きる可能性があるため、使用後はしっかり溝まで洗って清潔を保てば問題なく使うことができます。

赤ちゃんは新陳代謝が良いため、思った以上に垢が出ます。わたしは沐浴後、浴室のシャワーを強めに出して高圧洗浄のように汚れを飛ばしていました。(笑)

保温効果は特にないためお湯が冷めやすい

ベビーバスの中のお湯は冷めやすいです。

最初から満量というよりは、少し足し湯をしながらがオススメです。

また、お湯を張る際は少し高めの温度で入れる方が良いかもしれません。

室温をなるべく高めに設定し、湯冷めしないように気を付けることが大事だと思います。

赤ちゃんとの沐浴は大事なスキンシップ!

初めての沐浴、わたしはとても緊張したのを覚えています。

まずは用意するべき物をしっかり準備して、慌てないようにしたいですね。

身体に全然まだ力が入らない赤ちゃんの沐浴は親が慣れていないのもあり、力が入ってしまったことを覚えていますが、とても気持ちよさそうに入ってくれる姿は本当に可愛かったです。

産まれる前羊水の中にいた赤ちゃんは、お風呂が大好きなようですので、使いやすいベビーバスで赤ちゃんとのスキンシップをママ&パパにとっても楽しい時間にできると良いですね。

ちなみにうちの息子は秋生まれで寒い季節だったので、温かい状態を保てる居室内のキッチンシンクで沐浴をさせていました。

ベビーバスの空気量さえ調整すれば、そこまで大きくないシンクでもすっぽり入れて使うことができましたよ!

産後すぐは実家にお世話になっていたのですが、実家の洗面所でもスッポリ使うことができました。

浴室の床に置いて使うことも出来るので、ワンオペ育児で1人でお風呂に入れなければならないというママにも、首がすわるまではお助けアイテムになりますよ!

ABOUT ME
アバター
ゆうきママ
1983年生まれ。東京生まれ、東京育ち。 35歳の今思うのは、高校時代、もっと勉強をしておけば良かった。 大学時代、もっと見聞を広めるために色々なことに挑戦しておけば良かった。 社会人になってからは、やりたいことを限界までやっては寝込むほど体調を崩しを繰り返していたので(笑)さほど後悔はありませんが、結婚、出産、育児を経てまだまだやれることが沢山ある!と、今更ながらに気づき、育休中の現在、ブログをはじめました☆ 百貨店が好き。(ふだんは高くて買えないけど・・・) 旅行が好き。特にハワイや沖縄など、南の島が大好き。 元SMAPが好き。特に草彅剛さんが好き。 Disneyが好き。昔は年パスを買い通っていました。 ビールが好き。お酒を呑んだときのふわ〜っとした感じが好き。 犬が好き。実家で買っているミニチュア・ダックスフンドが特に好き。 大学から始めたジャズダンスのおかげで踊るのが好き。 こんなわたしが百貨店で10年以上勤務した経験から、良かった物、事、悪かった物、事を書いていく雑記ブログです。 ぜひ、お付き合いください!
こちらの記事も読まれています