お得情報

品川近視クリニックでのレーシック体験談!子育てする人におすすめする理由

ゆうきママ
ゆうきママ
実は、わたし2010年にレーシック手術をしました

目の悪い子育てママさん、メガネ、邪魔じゃないですか?

レーシックって目の手術なので、ちょっと怖いし勇気がいりますよね。

2019年、レーシックをしてもうすぐ10年が経とうとしますが、本当にやって良かったと思っています。

なぜやって良かったのか、その理由と、術後どのような状態になるのかなどを解説していきますので、レーシックをやってみようと思っている方の参考にしていただけたら嬉しいです!

品川近視クリニックでのレーシック体験談!レーシックをしようと決心した理由

当時のわたしの裸眼は0.05と非常に低い視力で、おまけに乱視が入っていたので30cm視えるか視えないか。

ふだんはコンタクト装用でしたが、目に傷がつくと装用禁止になってメガネ生活。

メガネだと、正直フレームアウトした部分はまったく視えていないので、生活には不便極まりなかったです。

レーシックをしようと決意したのは、単純にランニングコストを抑えるため。

それと、メガネやコンタクトの煩わしさから開放されたかったからです。

わたしはレーシックをするまではずっと2週間タイプの使い捨てのコンタクトを使っており、学生時代までは親にその料金を負担してもらっていました。

社会人になってからは自分でその費用を支払っておりましたが、ある時レーシックを知り、怖い物知らずのわたしは、早速レーシック手術を受けることに決めたのです。

品川近視クリニックでのレーシック体験談!レーシック手術を受けてみて

レーシックをした翌日以降の目が視えていく感じ、世界の視え方が変わった感じを、今でも昨日のことのように思い出すことができます。

本当に、文字通り世界がクッキリ視えて、とてもとても感動しました。

結論から申しあげますと、わたしの視力は現在1.5です!

手術をしてから、10年ほどずっと維持しております。

品川近視クリニックでのレーシック体験談!レーシックの後遺症って?どんなものがあるの?

よく言われているレーシックの後遺症についてですが、

  1. ドライアイ
  2. ハロ・グレア
  3. 夜間視力の低下
  4. 白目の充血
  5. 日内変動
  6. フラップ不良
  7. 角膜混濁(かくまくこんだく)

 

などがあります。これは、手術を受けるにあたっても説明が必ずありますので、隠されたことではありません。

実際に、わたしがどうだったのか、以下でお伝えしていきますね。

1.ドライアイ

ドライアイというのは、涙の量が不足したり、量は十分でも涙の質のバランスが崩れてしまうことによって、目の表面に涙が均等に行き渡らなくなってしまう状態のことです。

後に眼科の先生に教えていただいたのですが、レーシックをした日本人の9割はドライアイになってしまうそうです。

ですが、ドライアイ用の目薬を定期的にさしていれば特に問題のない症状です。

わたしはコンタクトをしていたときもドライアイ気味で目薬は欠かせなかったので、これで不便を感じたことも特にありません。

2.ハロ・グレア

レーシックを検討する時に1番よく聞くのがハロ・グレアではないでしょうか。

どんな症状かと言えば、光がボヤけて見えたり、眩しすぎるという状態のことです。

正直、手術前の状態とどう変わったのか自分自身でもよくわかっていません。(笑)

それぐらい不自然な見え方にはなっていないということだと思います。

3.夜間視力の低下

こちらは、ハロ・グレアと関連する状態のようですが、夜、ものが見えにくくなるという症状です。

こちらも、手術前の裸眼視力が悪すぎたためか、まったく見にくいと思った事はありません。(笑)

4.白目の充血

元々コンタクトを装用していた頃からドライアイ気味で、疲れ目になると充血することはあったので、手術をしたから充血しやすくなったということは特にありませんでした。

逆に、裸眼なので目にゴミが入った時などはコンタクトを外せないし・・・などと気にせず水で洗い流すことが出来るようになったのでとても快適です。

5.日内変動

手術後はフラップが落ち着いていない時期があり、視力が変動することがあります。

日内変動があったかは正直覚えていませんが、日に日に目が見えるようになっていったという記憶があります。それが、日内変動だったのかもしれません。

そしてここ数年は視力は1.5をキープしていますので変動はまったくありません。

6.フラップ不良

フラップ作成時にフラップが切れたり、歪みができることがあるそうです。

これは過去のレーシック術で起きた症状のようですが、現在のイントラレーシックになってからは減っているそうです。

これが起きてしまった場合、再手術が必要になるようなのですがわたしは平気でした。

まぁ、再手術になっていたら、こんなに自信満々にレーシックをオススメしていないと思います。(笑)

7.角膜混濁

視界にうっすら白いカーテンがかかっているように見えてしまうのがこの症状のようです。

角膜が白く濁ってしまうことで起こる症状のようですが、わたしには無縁でした。

品川近視クリニックでのレーシック体験談!レーシック体験まとめ

レーシックについては未だに諸説あるようですが、私にとっては大変満足度の高い結果となっています。

今後、加齢によって視力が落ちてきたり老眼になることはもちろんありますが、メガネやコンタクトからこの10年解放され、とても快適です。

特にそれを感じたのは、東日本大震災の時。そして、出産と育児中の現在です。

震災後、コンタクトの方はメガネを持ち歩くようになったというのは良く聞く話です。

そして、わたしの夫は視力が低く、コンタクトとメガネを着用しているのですが、子供がふざけてメガネをぶん投げるのです。(笑)

それを見ていて、「あぁ、わたしはメガネかけてなくて良かった」と思っちゃいました。(笑)

ただでさえストレスの多い育児中、メガネぶん投げられてブチ切れるという要素が排除できた喜びです。(笑)

レーシックをするならお得に!

「レーシック手術を受けたいが料金的に躊躇してしまう。」という方が多いのではないかと思います。

当時わたしは少ないボーナスをレーシックにつぎ込みましたが(笑)できるだけ安く済ませたい気持ちはあったので調べてみると安く手術を受けられる方法があったので紹介しますね。

それはずばり紹介制度。

シンプルにレーシック手術を体験した人から紹介を受けて申し込みをすると割引しますよっていう制度です。

紹介クーポンが欲しいという方、レーシックに関してもう少し知りたいと言う方は、お問い合わせフォームからお問い合わせお願いいたします!

レーシックに関するおおまかな流れは、品川近視クリニックさんのサイトをよかったら見てみてください!

品川近視クリニックの公式ホームページはこちらから

紹介制度をご利用になられたい方はこちらからお気軽にどうぞ!







こちらの記事も読まれています